THE SACRED LOTUS

CP二次創作小説サイトです。 BLは含まれません。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ダンデライオン・42




「……う、そだ! 嘘だろ!?」

 尚は叫んだ。

「あの時、一緒に来て欲しいって言ってくれた日。私がショーちゃんに付いて行こうと思った大きな理由は二つ。一つは本当に嬉しかったの。少なくとも、ショーちゃんは私自身の価値、存在を認めてくれたんだって思ったから」

「……」

「“家政婦代わりに連れて来ただけ”って言われた時は……哀しかったよ。やっと自分の存在を認めてもらえたと思っていた分、ショーちゃんに否定されて、ショーちゃんを憎んだ。でもね、今は……私も悪かったなって思ってる」

「え?」

「さっき言ったでしょ? 私は人に尽くすことしかできないって」

「……」

「芸能界に入って、色んな人と接するようになって、私、初めて気が付いたの。自分の“歪さ”に。誰かに“嫌われないように”私は“尽くして”来た。それが自分を守る方法で、それしか知らなかったし、出来なかったの。でもね、それって人として、人との付き合い方として未熟なんだよね。愚かしいほどに」

「……」

「だから、ショーちゃんが私を馬鹿にしていたのは仕方がないのかもって、今ならね、理解してる。そう言う意味では、あの時、ショーちゃんに“捨てられて”感謝してるわ。私の価値観も常識も壊すことが出来たんだもの」

「キョーコ……それじゃ、お前、俺に復讐するって……あれは、どうなってんだよ! お前は! 俺のものだろ?」

 微かに揺れる尚の瞳にキョーコは訝しげに思う。

「……逆に聞きたいんだけど、どうして、私がショーちゃんのモノなの?」

「だって、それは! お前は俺の言うことに逆らったことないだろ? お前を好きに出来る権利は俺にはあるんだ!」

「……あぁ、なるほど」

 そう言うことかとキョーコは詰まらなそうに呟いた。

「そこもショーちゃんは見て見ぬ振りをして、未だに気付かない振りをしてるんだね。本当に忌々しいほどおめでたい」

 呆れ返り尚を見つめた。

「キョーコ!」

 キョーコが何を言っているのか、本当に意味が分からなかった。

 尚にとって、キョーコは自分のことが好きで、好きで、全てを差し出すほど好きだったはずなのに。

 それが“全て違った”なんて言うことは、尚にとってありえなかった。

 それこそ、太陽が西から昇ったと言うくらい、本当に尚にとってはありえない内容で認められなかった。

 仮に尚のことが好きじゃなかったと言うなら、何故に、一度として拒否せず、ずっと言いなりだったか。

 キョーコの考えが全く理解できない、納得できないと激しく尚の心の中は荒れ狂う。


「私が、ショーちゃんの言うことに一度として逆らわなかったのは、そうしたかったからじゃない」

「な、に?」

 尚の心の内などお構いなしにキョーコは何の感情も見せないまま、話し続けていた。

「私には逆らうことすら許されてなかったんだよ。毎日、毎日、女将さんや板長には、“松のこと頼むわ、キョーコちゃん”、“キョーコちゃんが松についていれば安心やわ”って言われ続けてきたの。私はショーちゃんの面倒を見なきゃいけなかっただけ。しかも、ショーちゃんが何か問題を起こす度に、“なんで、キョーコちゃんがついていながら、尚がこないなことにならはったん?”って非難されたわ」

 キョーコの感情の見えない声音だけがスタジオ内に響いた。

 *:.。. .。.:*・゜゚・*☆

 天音蓮華
 2011.12.18 執筆

 スキビ☆ランキング


 PrevNext
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| ダンデライオン【完】 | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。