THE SACRED LOTUS

CP二次創作小説サイトです。 BLは含まれません。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ダンデライオン・48




 唖然と佇む尚をキョーコは舌打ちしたい気持ちで眺めていた。

「ねぇ、そうやって、現実逃避して何になるの?」

 茫然自失な尚を不快そうにキョーコは見つめ、そして、その声音は更に氷のように冷たかった。

「あぁ、もしかして、ショーちゃん、壊れちゃったの? あらあら、随分と打たれ弱いのね……つまらないわ」

「ちょっと! キョーコちゃん! それは少し言い過ぎじゃない!?」

 尚を庇うように立ちはだかった祥子をキョーコは感情が見えない瞳で一瞥する。

「尚が可哀想だと思わないの? 貴女は尚の幼馴染なのに! どうして、こんな酷いことが言えるの!?」

「可哀想? 酷い? どこがですか? ただ、私は現実を、事実をありのまま述べただけなのに。それに、酷いって言いますけど、ショーちゃんや貴女が私に言ったことや、してきたことは“酷くない”んですか?」

 キョーコは心底、不思議そうに首を傾げ、言葉を詰まらせた祥子と呆然としている尚を交互に見た。

 そして、そんな二人のようすに呆れたキョーコは溜息を吐いた。

「……昔から、そう、本当に昔から祥子さん、貴女のような人間しかショーちゃんの周りに居なかったわ」

「え?」

「だから、ショーちゃんがこんな屑に成り下がったんだと私は思うけど……」

 そして、キョーコは鼻で笑った。

「……貴女のように、誰もがショーちゃんの我儘を正当化し、持ち上げてきた人ばかりだったわ。あぁ、でも、そう言うことなら理由はどうであれ、私も悪かったのかしら?」

 キョーコはやれやれと肩を竦める。

「まぁ、私の場合は“NO”と言う言葉を封じられて来ただけですけど、考え方を変えれば消極的な“YESマン”ではあったって言うことですからね」

「……」

 キョーコは押し黙る祥子を一瞥すると、再び、尚に視線を戻した。

「でもね、一番の問題は、そんな異常の甘やかしを当然の如く、一遍の疑問に思うこともなく、ただただ享受してきたショーちゃん自身だと思いますが……」

「……」

「……いつだって、都合の悪いことは私の所為にしてきたのが不破松太郎、その男の本質ですし……それを今更、変えられるとは思ってないし、期待もしませんけど」

 そう吐き捨てるとキョーコは立ちはだかる祥子を無視して、尚の顔を覗きこんだ。

「ねぇ、どうして、今まで疑問にすら思わなかったの? どうして、そんな境遇が“当然”だと思えたの? どうして、ショーちゃんは自分だけは特別だと思い込めたの? 世の中、そんな甘いわけがないのに」

「……」

「ねぇ、ショーちゃん。貴方の頭の中身はもしかして空っぽ? 一度でも脳味噌を使って考えたことあるの?」

 そう言って、キョーコは冷やかな視線を向け、クスクスと笑った。

「……も、う、やめて」

 か細い声で祥子がキョーコを止める。

 だが、キョーコはそんな祥子を鼻で笑うだけで取り合わなかった。

「ねぇ、ショーちゃん? 聞いてるの?」

「キョーコちゃん!」

「そうやって現実逃避して、何が生まれるって言うの?」

「キョーコちゃん! やめて!」

「ショーちゃんは、そうやって自分の都合の悪いことは見て見ぬ振りして……」

「もう、やめて!」

 祥子は絶叫した。

 *:.。. .。.:*・゜゚・*☆

 マリアちゃん、ハピバ!

 天音蓮華
 2011.12.24 執筆

 スキビ☆ランキング


 PrevNext
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| ダンデライオン【完】 | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。