THE SACRED LOTUS

CP二次創作小説サイトです。 BLは含まれません。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Fairy tale~Episode3-3~




「急にではありませんよ。過去、何度もそう言う話はあったんですが、タイミングがね……悪かった。だから、実現しなかっただけです。そして、理由ですが……」

 そう言って、暗い顔で俯いているキョーコに視線を走らせる。

「最上キョーコが不破松た……不破尚を追うように芸能界に飛び込んだことは知っていました。私も、冴菜もです。だが、どうせ、芽など出ないだろうと高を括っていました……が、まさか、こんな事態になるとは思ってもいなかったんですよ」

 やれやれとそんな仕草をして話す昌弥に、その場にいた関係者は不快感を表す。

 だが、そんなことを気にするようではなく、一人昌弥は話を続けた。

「デビューのCM以外、君が演じた役柄は実に……最上家の名を汚すものばかり。不破尚のPVでは悪魔殺しの堕天使を、Dark Moonでは悪鬼のような未緒を、そして、BOX”R”のナツ虐めグループのリーダー。汚れ役ばかりだ」

「…………それのどこが恥かしいと? その三つ役は、デビューしたてのド新人ありながら、“京子”の実力が評価されている、いわば彼女の代表作です。確かに、“汚れ役”と一括りにされがちですが、彼女は全てを演じ分け、どれも違う表情を、存在を主張しています」

 普段は所属しているセクションが違いキョーコとの接点は少ないが、それでも、俳優部門の主任である松島は、“京子”の役者としての仕事を正しく評価していた。

「まして、彼女は演技の勉強自体、この事務所に入ってからの……まだ一年ほどしか経っていないんです。そんな彼女が全て演じ分けている。これはとても凄いことなんですよ!? 彼女はLMEのダイヤモンドの原石なんです」

「まさか、キョーコがダイヤモンドの原石?」

 そう言って、馬鹿にしたように笑う昌弥に全員が鼻白んだ。

「馬鹿にしないで頂きたい。彼女はまだまだ未熟で、足りない所が多いですが、稀有な才能を持った役者だと、ここにいる者たちが、そして、彼女と接した“監督たち”が認めています。しかも、彼女自身、真面目な努力家です。その彼女のどこが……」

 恥かしいのかと問う椹に、昌弥は呆れたような視線を寄越した。

「全く分かっていただけないようですね。最上はね、古くから……それこそ、戦国時代から連なる厳格な家柄です。誰もがその家格を重んじ、誇りとしている。それなのに、一応は最上直系の娘でありながら、“汚れ役をやっている”。それだけで恥ずべきことなんですよ!」

 そして、きつくキョーコを見据えた。

 *:.。. .。.:*・゜゚・*☆

 天音蓮華
 2011.06.02 執筆

 スキビ☆ランキング


 PrevNext
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| Fairy tale | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://0xsacredx0xlotusx0.blog.fc2.com/tb.php/17-19c30c67

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。